山洋,/cur1241040.html,oliphantherd.com,1セット(2個),ダイエット、健康 , 衛生日用品 , 綿棒,黒いよく取れるこだわり綿棒,150本入,355円 355円 黒いよく取れるこだわり綿棒 150本入 1セット(2個) 山洋 ダイエット、健康 衛生日用品 綿棒 黒いよく取れるこだわり綿棒 授与 150本入 1セット 2個 山洋 黒いよく取れるこだわり綿棒 授与 150本入 1セット 2個 山洋 山洋,/cur1241040.html,oliphantherd.com,1セット(2個),ダイエット、健康 , 衛生日用品 , 綿棒,黒いよく取れるこだわり綿棒,150本入,355円 355円 黒いよく取れるこだわり綿棒 150本入 1セット(2個) 山洋 ダイエット、健康 衛生日用品 綿棒

黒いよく取れるこだわり綿棒 新作からSALEアイテム等お得な商品満載 授与 150本入 1セット 2個 山洋

黒いよく取れるこだわり綿棒 150本入 1セット(2個) 山洋

355円

黒いよく取れるこだわり綿棒 150本入 1セット(2個) 山洋

※ご注文の確定タイミングにより、在庫が確保できない場合がございます。
「ご注文を確定」する際に再度ご確認ください。
軸先が角落としだから優しい安心設計です。深い溝でしっかり汚れをキャッチします。特殊加工の強い紙軸。
軸先が角落としだから優しい安心設計です。深い溝でしっかり汚れをキャッチします。特殊加工の強い紙軸。
医薬品・ヘルスケア・介護 > 絆創膏・綿棒・救急衛生 > 綿棒・耳かき・爪切り > 綿棒

ロハコ本店でのご購入はこちら

山洋のこだわり綿棒

山洋のこだわり綿棒

最高級綿棒に黒いタイプ登場!"よくとれる"と同じ新形状を採用!耳垢がよく取れて、よく見える!こだわりシリーズは"綿棒一筋49年の山洋"がノウハウと技術を終結させた山洋の自信作です。安全面と使い心地に配慮した軸先のラウンド加工や軸の強化など、安全性と品質にとことんこだわって作った綿棒です。

綿棒の特徴

綿棒の特徴

?汚れをかき取る新形状!?紙軸の先端のカドを落とした、安全・安心な仕様設計!?綿のくびれでしっかり固定!綿抜けなし!?紙軸強度10%UP!

安全・安心をお届するために

安全・安心をお届するために

山洋では独自の生産・検査体制を取り入れています。各商品に厳しい基準を設けて、計測機器・カメラ・金属探知機・顕微鏡等の様々な精密機器を使い厳しいチェックをしています。現状に満足することなくもっと安全・安心なものを多くの方に使って頂けるように日々、研究開発に取り組んでいます。

この商品の返品について

 この商品は品質保持・安全のため、お届け方法は対面または宅配ボックスのみとなります。手を清潔にしてからご使用ください。耳または鼻の奥まで入れすぎないように綿球から1.5センチの部分を持ってご使用ください。お子様だけでのご使用はおやめください。繰り返しのご使用はおやめください。万一身体に異常を感じた場合は医師にご相談ください。【返品について】開封後はお客様のご都合による返品はお受けできません。返品については、ご利用ガイド「返品・交換について」を必ずご確認の上、お申し込みください。

商品仕様/スペック

カラー原産国日本
個別包装無し 内容量150本
滅菌区分未滅菌 用途耳、鼻等のお手入れ
寸法W81×D81×H85 材質綿:綿100%、軸:紙軸
注意事項1鼓膜や粘膜を傷つける恐れがありますので、耳または鼻の奥まで入れないで下さい。お子様だけの使用はおやめください。ご使用の際は、周囲の状況に注意してください。手を清潔にしてからご使用ください。 注意事項2力を入れすぎたり、繰り返し多用すると耳を傷つける場合があります。溶液等に浸して使用する場合は、綿球が抜けやすくなることがあります。湿気の少ない場所に保管してください。万一異常を感じた場合は医師にご相談ください。
ブランドこだわり綿棒 メーカー名山洋
JANコード4936613072485
備考

ご注意【免責】

アスクル(LOHACO)では、サイト上に最新の商品情報を表示するよう努めておりますが、メーカーの都合等により、商品規格・仕様(容量、パッケージ、原材料、原産国など)が変更される場合がございます。このため、実際にお届けする商品とサイト上の商品情報の表記が異なる場合がございますので、ご使用前には必ずお届けした商品の商品ラベルや注意書きをご確認ください。さらに詳細な商品情報が必要な場合は、メーカー等にお問い合わせください。


黒いよく取れるこだわり綿棒 150本入 1セット(2個) 山洋

北海道か「住まい「暮らしのほんとうをお届けするウェブマガジン  | Replan(リプラン since 1988

Editors Pick UpReplan編集部おすすめの記事


よく読まれている記事

カテゴリー

ピックアップタグ


Contents